Delegate候補者の募集について

2020年2月23日 投稿者:鈴木 洋平

こんにちは、WCA Senior Delegateの鈴木です。

現在日本国内では、関東、関西、北陸の3地域を中心に各地2月に1回程度の頻度でWCA公式大会が開催されています。
昨今の競技人口増加をうけて、大会開催頻度を全国的に増やすことを目的に日本国内でWCA公式大会を開催する資格を持つWCA Delegateの候補者を募集することになりましたので、以下のとおり告知いたします。

WCA Delegateは担当の大会がWCAの目的、大会規則、精神に従って開催されているかを確認する立場です。
大会運営自体はWCA Delegateの責務ではありませんが、運営者と協力して開催することになります。

【募集要項】

 募集役職  Trainee Delegate(Asia Japanエリア)
Trainee Delegateは単独では大会責任者にはなれず、DelegateまたはJunior Delegateの監督下で大会責任者を経験するポジションです。
一定の経験を積んだ後はJunior Delegate以上への昇格を目指していただきます。

② 任期
一年単位で毎年9月に更新します。

③ 報酬等  
Delegateの立場に対する固定的な報酬はありません。 ただし交通費、準備にかかる実費等は大会予算から割り当てます。

④ 応募資格
 ・既存のWCA Junior Delegate以上のポジション1名から推薦を得ていること
 ・WCAの活動理念への共感、競技規則に関する高い知識及び理解があること
 ・WCA公式大会での複数回の運営経験(少なくとも1回以上の主催者相当経験)があること
 ・日本の他のDelegateとも協調性をもって大会開催等の調整を行い、または協力できること
 ・TOEIC650点相当の英語力がある、または1年以内に達成する見込みであること
 ・申し込み時点で20歳以上

 英語力について
Delegateには、WCA大会レポートの作成やWCAからの連絡確認のため、Reading / Writingを中心とした英語力が必須です。
そのためTOEICなどで汎用的な試験で英語能力を客観的に証明していただきます。 または英語力の確認のため、毎年最低一回の受験を義務とします。 受検料はJRCAから補助します。

⑥ 応募先
自身が推薦を受けたい既存のAsia JapanエリアのDelegate宛に 、応募の意思を記したメールを送ってください。
連絡先はWCA Delegate一覧ページに記載してあります。

⑦ 選考プロセス
第1次応募は2020年3月31日までとし、応募資格を満たしていると判断した場合、 Delegateの状況や同期間の他の応募者の状況を勘案し、WCAへの推薦者を決定し手続きを行います。
Delegateに推薦することになった場合でも、WCAに承認されない場合もあります。
応募及び推薦の有無についてDelegate間では共有しますが、公表しません。Trainee Delegateとなった段階で初めて公表します。

以上の内容について、WCA Delegate 大村からの動画メッセージも併せて御覧ください。