Welcome Guest 
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メニュー
アクセスカウンタ
今日 : 99
昨日 : 484
総計 : 1705360
トップ  >  組織説明  >  JRCA本部紹介
日本ルービックキューブ協会(JRCA)について

日本ルービックキューブ協会(JRCA)は、2005年7月に設立されました。ルービックキューブを
中心とした各種立体パズルの普及を図り、知育発達、競技スピードキューブ、痴呆予防など、
幅広い年代の方々への頭脳開発へ貢献します。
主催する各種大会を通じてキュービスト相互のより良質なコミュニケーションを図ると共に、
マスコミに対する広報活動、教育現場・各種施設におけるボランティア活動、講演活動等を行います。

※日本ルービックキューブ協会 = Japan Rubik's Cube Association = JRCA

JRCAの構成
JRCAは本部と支部組織から構成されます。
現在の支部組織は、関東支部・関西支部・北陸支部からなります。

JRCA規約
JRCA規約JRCA組織図

JRCA本部
・会長・副会長・事務局長・地方支部長・地方副支部長で構成されます。

JRCA歴史

こちらをご覧ください。

JRCA本部メンバー

巣瀬 JRCA会長
巣瀬 雄史(すせ ゆうじ)
2007世界大会4x4 7位
2006日本大会4x4 2位
2006日本大会3x3 5位
2005日本大会3x3 6位

キューブは一人よりも仲間とした方がずっと楽しいです。
定例会や大会を通じて仲間を見つけましょう。
JRCA副会長
鈴木 洋平(すずき ようへい)

2009日本大会 7×7 第2位
2009世界大会出場
2010 日本大会 6×6 第3位 7×7 第3位
2011 世界大会出場 FMC部門第6位

みんなで楽しくキューブをしましょう。

百田 JRCA事務局長
百田 郁夫(ひゃくた いくお)
2006東京大会2x2 3位




 
JRCA関東支部長

須賀慶(すが けい)

2006年の脳トレブームの際、ルービックキューブを買ったのがきっかけでスピードキューブに興味を持つ。
同年、JRCAに入会し、東京大会をはじめ数多くの大会運営に関わる。


2010年より、インターネット選手権であるJapan Contestを開催し、その実行委員長も勤める。
自身のタイム向上だけでなく、次世代の育成や選手層の拡大など、スピードキューブ界の発展に力を入れている。
JRCA関東副支部長

田中 悠樹(たなか ゆうき)

2015年 日本大会 3×3×3最少手数 優勝

大学サークルでキューブを解けるようになった、サークル世代のキュービストです。
学校や職場でキューブ仲間を見つけることは難しいですが、
自分から仲間を作ったり定例会や大会に参加して一緒に楽しみましょう。
世代や国籍を越えて同じフィールドで楽しめるキューブ界は私にも非常に刺激的で、
他ではなかなか経験できない面白さがあります。
その証拠に大会には競技者参加している方以外も多くいらしています。
ぜひ、記録を高めつつキューブを手にエンジョイしていきましょう!!

JRCA関西支部長

大艸 尊之(おおくさ たかゆき)

2006 日本大会 4×4 ・ 5×5  優勝
2007 日本大会 4×4 ・ 5×5 優勝
2007 世界大会 5×5 3位
2014 アジア大会 7×7 3位

5×5部門 World Records(2007・2008年)

多くの方々にルービックキューブの楽しさを伝えていきたいです。
全種目制覇を目指しているので、大体のパズルは解けます。

解き方など気軽に聞いてください!
【 関西支部定例会】初心者・経験者問わずご参加下さい!!

JRCA関西副支部長

大畠 功(おおばたけ こう)

2014 アジア大会 Square-1 優勝
2015 世界大会 Square-1 3位
2015 日本大会 Square-1 優勝

住んでいるのは広島県ですが関西支部の一員です。

地方に住んでいる方も少し勇気を出して大会や定例会に参加してみましょう!

JRCA関西副支部長補佐

端村 航(はしむら わたる)

2010 日本大会 3×3×3 3位
2015 日本大会 Skweb 準優勝

キュービストの集まる場が皆様にとってより楽しく快適なものとなるよう、多方面から取り組みを行っています。 大会などでお会いした際は、上達のコツなど何でも気軽に聞いて下い!

 
JRCA北陸支部長

塚本 達也(つかもと たつや)

 キューブは早く解けませんが、それでも大会等を通して自分の世界が広がりました。
皆さんもキューブを通して自分の世界を広げてみませんか?


大会や定例会の見学など大歓迎です。興味がある方は是非ご連絡下さい。

徳田 JRCA北陸副支部長

徳田 栄(とくだ さかえ)

2006大阪大会3x3 40位

キューブの大好きな人、大集合!
北陸支部は金沢が拠点です。
定例会は1回/月、参加費無料。
メンバーは高校生、中学生中心。
私?
私はキューブ会ではシニアです。
はい。
JRCA顧問

秋元 正行(あきもと まさゆき)

ルービックキューブに国境はありません。
その楽しさをみんなで共有できたらと思います。 
  

2003年~2011年7月 日本ルービックキューブ協会初代会長
2003年世界大会 4x4x4部門 優勝
2005年世界大会 2x2x2部門、5x5x5部門優勝
2006年世界キューブ協会(WCA)board member就任

 

 

連絡先:JRCA本部問い合わせ

*JRCA活動は、余暇の時間を利用して行われていますので、急な依頼等には対応致しかねる場合があります。
 

JRCA本部の活動
メジャー大会の年次計画・運営を行います。
World Cube Association(WCA)と連携し、大会規則の日本語訳の作製、公式記録・公式大会の管理を行います。
WCA公式大会開催を支援します。
JRCAホームページを管理します。

JRCA地方支部
現在、関東支部・関西支部・北陸支部があります。

支部設立の条件:
#1 支部設立には、12名以上(WCA大会規則による開催最低人数)が活動可能なメンバーがいる。
#2 自薦・他薦を問わずリーダーシップをとってくださる支部長さんがいる。
#3 定例会を適宜開催する。
の条件でJRCA本部が認定します。
 支部長・副支部長はJRCA本部を兼任します。
今後、条件は追加・変更されることがあります。

支部活動として、定例会を隔月で企画します。
また大会の企画・準備・運営、デモンストレーターの派遣などを行います。

JRCA公式大会(WCA公式大会)
公式大会は、WCAの大会規則に従って開催します。
従って、日本公式記録であるとともに、世界公式記録となり、最速タイムは世界記録と認定されます。
メジャー大会の企画・準備・運営は、JRCA本部と支部組織が中心となって大会実行委員会を組織して運営します。
*一般の競技者有志も大会実行委員会を組織することができます。
JRCAは競技者有志による大会をWCA公式大会にするための支援活動を行います。

JRCA定例会
JRCA主催のオフ会です。
土日の昼間、会議室等で集まります。
キュービスト同士の交流を深め、技術の情報交換、初・中級者への教室を行います。
また、記録会・小規模公式大会を行います。
定例会のお知らせは、JRCAホームページにて行います。


JRCA翻訳チーム
WCA大会規則の翻訳。海外での注目情報などを日本語で提供します。


デモンストレーターの派遣
教育機関・商業施設へ、近隣のデモンストレーターを紹介します。
教育機関等への派遣については、デモンストレーターの交通費はご負担ください。
その他の機関への派遣については、出演料などご負担下さい。
詳細につきましては、「お問い合わせ」よりお尋ねください。

キューブ教室
教育機関・商業施設へ、キューブ教室の講師を紹介します。
教室は数名程度の小規模のものを想定してください。
規模・対象レベルによって、内容が大きく変わる可能性がありますので、
詳細につきましては、「お問い合わせ」よりお尋ねください。


JRCAは以上の方針を改定することがあります。
その場合すべての改定はこのホームページ上で通知いたします。

JRCA本部元在籍者
お忙しい中、JRCA本部運営にご協力頂きました方々をこちらでご紹介させていただきます。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:189 平均点:4.76
前
JRCA翻訳チーム
カテゴリートップ
組織説明
次
支部メンバー

JRCA Facebook

JRCA twitter
テーマ選択

(2 テーマ)

XOOPS Cube PROJECT
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2015 XOOPS Cube Project