Welcome Guest 
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メニュー
アクセスカウンタ
今日 : 3
昨日 : 429
総計 : 1777766

Roux Methodについてのトピック

このトピックの投稿一覧へ

なし Roux Methodについてのトピック

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 .14 .15 .16 .17 .18 .19 .20 .21 .22 .23 .24 .25 .26 | 投稿日時 2012-5-17 4:19 | 最終変更
kasochi  一人前 居住地: 宮城  投稿数: 74

こんにちは。かそちです。
Roux Methodについて、いろいろ話したり訊いたり教えたりできるトピックを作りました。
興味のある方はぜひご活用ください。

◆Roux Methodについて

Roux Methodは、フランスのGilles Roux氏によって考案された、スピード競技・最少手数競技の両方に適した3x3x3の解法です。

まず1x2x3のブロックをL面とR面にそれぞれ作り、次にU面のコーナーを揃え、最後に残りのエッジとセンターを揃えて完成です。

特徴としては、

  • 暗記する手順の量がCFOPに比べ少ない(CMLLの42手順+αで済む)
  • ブロックビルディング系なので自由度が高い
  • M列を積極的に活用する
  • 平均してCFOPより少ない手数で完成できる(*1
  • 見た目が独特でかっこいい

などが挙げられます。
*1) STMで数えた場合。

特に最後のエッジとセンターを揃える時(Last 6 Edge)のM回転とU回転の高速コンビネーションは、Roux Method最大の特徴です。
見た目も派手でかっこいいし、自分でやっていてもとても楽しい部分です。

また、ただの異色な解法というだけではなく、実際にこの解法で公式Sub10を出している競技者がいるというのも特徴の一つです(Alexander Lau, 2012Austin Moore, 2012)。

何となくマンネリ化してきている方や、M列回転が好きな方、何かヘンなことがしたい方、指の動きが遅いという自覚のある方に大変オススメです。

 ◆参考サイト

残念ながら、日本語による解説サイトはまだ私かそちによる記事(RMIC)しかありません。

Roux Method スピソルWikiによる解説(英語)
Speed-Cubing Method 考案者Gilles Roux氏による詳しい解説(英語)
Waffle's Cube Thingy Waffle氏による解説サイト(英語)
Learn Roux? 5BLD氏とPandaCuber氏による解説サイト(英語)
Roux Method(日本語) Speedcubing.jpの記事(日本語)
Donovan's Roux Tutorial Donovan氏(Lubixの中の人)による解説動画(英語)
RMIC 私かそちによる日本語の解説(LBL習得者向け)
Roux Contest Roux Method限定の選手権サイトです。

 ◆参考YouTube

Roux Methodのソルビング動画で、これぞというものを3つ紹介します。

◆トピの利用について。

トピを立てたものの、「教える側」の人はまだあまり多くないと思われます(僕自身まだ練習中の身です)。
なので、とりあえず何か思ったことや、動画を見た感想、「興味を持った」「やってみたい」「何が面白いの?」系のコメントでも結構ですので、
トピを伸ばしてもらえるとうれしいです。
皆さんで教えあいながらやっていきましょう。

日本でもRoux Methodが流行するのを期待しています。

投票数:3 平均点:10.00

投稿ツリー

  条件検索へ


JRCA Facebook

JRCA twitter
テーマ選択

(2 テーマ)

XOOPS Cube PROJECT
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2015 XOOPS Cube Project